もっと早く発毛剤を使えば良かった

もっと早く発毛剤を使えば良かった

 

明確に自分のことをハゲと認識したのは、もうかれこれ7年前のことになります。
キッカケは久々に実家に帰った際に受けた家族からの指摘でした。
というのも、私のハゲは後頭部から始まったので鏡を見ているだけではわからなかったのです。
指摘された時も「本当に?」という感じで信じられず、写真を撮ってもらってようやく納得できたほどでした。

私は現在36歳ですから、当時は29歳。
ハゲるにしては若い部類ですし、ハゲと言われても信じられないという気持ちはお分かりいただけるのではないでしょうか。
若いという理由もあって、漠然とした恐怖を覚えましたが、それでも当時はまだ余裕でした。
ストレスが原因の一過性のものかもしれないし、放っておけば元通りになるだろうと甘く考えていたのです。

しかし半年が過ぎ、一年が経っても髪は生えてきません。
そこでいよいよ観念し、薄毛の改善に向けた対策方法をようやく考え始めました。
ネットで情報を集めてシャンプーを正しく行ったり、睡眠時間を増やしたり、食事の改善もしました。
2~3年意識的に取り組みましたが、それでも全く効果が出ることはなかったです。

もう開き直るような気持ちだったので、自分の髪を増やすことは諦めて増毛などについても調べました。
しかし想像していたよりも遥かに高額で、デメリットも多そうだったので、やはり自分の髪を増やそうと決断。
金銭的にも余裕の出た3年前、33歳のときに初めて発毛剤を購入しました。

一か月、二か月と特に効果を感じられず、やはりこれもダメなのかな、という気持ちを抱いたというのが正直なところです。
しかし私が購入した発毛剤は、お得なまとめ買いを選んだため残り四か月分が大量に残っています。
それならば在庫だけは全部使ってみようと思い、諦めながらも継続したことが結果的には大正解でした。

合計で四か月が経過した頃になり、ようやく改善された部分が見つかりはじめたのです。
具体的には円形に薄くなっていた部分に産毛のようなものが生え始めました。
発毛剤の残りがあと僅かというところでさらに産毛が太く成長を始めたので、急いでもう半年分の追加購入をしました。

最終的に、最初に発毛剤を使ってから約一年半でほぼ元通りの髪のボリュームを確保できました。
それから一年が経過して現在に至りますが、ハゲに逆戻りすることなく、健やかな生活を送ることができています。
悩んでいた時間を振り返ると、もっと早く発毛剤を使えばよかったなと思います。
一朝一夕で結果が出るものではありませんが、我慢して使い続ければ、皆さんきっと満足な結果を得られるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です